台湾に思いを寄せてくれた国、「日本」75・8% もともと親日的であるうえ、安倍首相のメッセージなどが高い評価に、ウッはー!!

1 :(^ェ^) ★:2018/02/12(月) 20:37:11.99 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/7V9x888.png https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180212-00050081-yom-int

 【台北=牧野田亨】台湾の民間調査研究機関は12日、東部・花蓮県を6日に襲った地震に関する世論調査結果を発表した。

 台湾に最も思いを寄せてくれた国を問う設問では「日本」との回答が75・8%に達し、一番高かった。次は中国だが、1・8%にとどまった。

 日本は安倍首相がフェイスブックで応援メッセージを手書きし、激励する動画を公表。外国として唯一、救助支援の専門家チームも派遣した。台湾メディアは、東日本大震災時に受けた台湾の支援に報いようと、日本で募金など支援の輪が広がっていることを報じている。もともと親日的であるうえ、こうした動きが高い評価につながったようだ。

 調査は9〜10日に電話で行い、約1000人から回答を得た。

続きを読む 台湾に思いを寄せてくれた国、「日本」75・8% もともと親日的であるうえ、安倍首相のメッセージなどが高い評価に、ウッはー!!

ASKA、ブログで小室哲哉への思いを告白「小室に一生の恩を感じてます」「また、朝まで音楽を語ろう。」。(家計・ダラス・飯塚事件)

1 :豆次郎 ★:2018/01/21(日) 12:39:48.39 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/U93xh8b.png 1/21(日) 12:28配信
 歌手のASKA(59)が21日、「プライバシー」と題し自身のブログを更新し、「週刊文春」の不倫疑惑報道に端を発し引退を表明した小室哲哉(59)への思いをつづった。

 ASKAはブログで「『有名人(芸能人)に、プライバシーはない』」と、言いのけるコメンテーターや、芸能レポーターがいます。僕にだって、知られて欲しくないプライバシーなら、『ひとつ、ふたつ、ああ、いっぱい』あります」と前置きした。

 その上で「今回の『小室』の件。倫理、道徳を、もちだされると、僕同様、『申し訳ありません』と、いうしかありませんが、僕とは違って、小室の行為は犯罪ではありません。あれを報じたゴシップ紙は、それで利益を得ようとしました。他人のプライバシーで、利益を得ようとする。これは犯罪なんです。僕は、奥様の介護で、どれだけ小室が頑張ってきていたのか知っていますので、世の中から、悪人のように見えるように仕立てあげ、それで利益を得ようとしたゴシップ紙を訴える権利が小室にはあると思っています」と示した。

 さらに「今回、それによって引退を決意した小室。テレビでは、『なぜ、引退なのかわからない』と、また、小室をかばいながら、『引退』と、いう選択に矛盾を唱えている光景を見ましたが、僕には、わかる。僕は、小室に一生の恩を感じてます。あいつが、僕のロンドン行きの背中を押してくれたのです。『ASKAさんなら、やれるよ。』僕は、その一言が勇気となり、ロンドンに住むことを決意しました。僕は、小室と会うたびに、感謝を伝えています」と小室との交流を明かした。

 その上で「『引退・・・』僕にはわかる。『他人のプライバシーで利益を得る』もう一度言いますが、これは、犯罪なんです。今回の小室の『引退』は、世の中へ、『気づき』『問いかけ』を、しました。そして、小室のファンの方へ。小室のような大天才は、そうそう出てきません。また、小室自身も音楽を通して『自分の使命』を、誰よりもわかっていると思います。僕は、小室への恩義から彼寄りに発言しているわけではありません。本日のエントリーに関しては、ずいぶん迷いましたが、小室を応援しているファンの方々へ言いたかった。大丈夫。小室は、必ず戻ってきます。戻ってこなくてはならない音楽家ですので。判断は、『今』の判断です。いつか、また、戻ってくる『今』の判断を迎えるときが来ます。『引退』と、いう言葉に対して、『復帰』と、いう言葉が、ちゃんとあります。なんの矛盾もない」と小室のファンへメッセージを送った。

 最後に「今の僕が、このようなことを発言することで、バッシングもあるでしょう。でも、そんなのはどうでもいいんだ。小室、少し休めな。お前が音楽を止めることなんてできないんだから。また、朝まで音楽を語ろう。『ふたり』と、いう世間の中で音楽の未来を語りましょう」と小室ヘ呼びかけていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180121-00000065-sph-ent

続きを読む ASKA、ブログで小室哲哉への思いを告白「小室に一生の恩を感じてます」「また、朝まで音楽を語ろう。」。(家計・ダラス・飯塚事件)

精神疾患患者の父「気持ちはよくわかる」「全国の精神疾患患者の家族は、誰もが一度は同じ思いに駆られているはず」。(AKB48・永島優美・東海道本線)

1 :豆次郎 ★:2018/01/25(木) 16:00:59.58 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/SUMrMn9.png ◆誰にも相談できず、対応策も分からず…

 現代版“座敷牢”とでも呼ぶべき地獄の環境で亡くなった愛里さん。「人でなし」「極刑に値する」と、世論は両親へのバッシングであふれているが、違う視点で見ている人間もいる。

2/2ページ
 和歌山県精神保健福祉家族会連合会の障害者施策推進委員長で、精神疾患患者の家族の支援活動を続ける大畠信雄氏が語る。

「寝屋川の事件には胸が締めつけられる思いでした。両親のやったことは決して許されることではありませんが、私自身、精神疾患を患う長男を持つ身として、家に閉じ込めようと思ったことがないか、と言われれば、ある。全国の精神疾患患者の家族は、誰もが一度は同じ思いに駆られているはず。それほどまでに、患者の言動に家族は苦しんでいるのです」

 厚労省が3年ごとにまとめる「患者調査」によると、2014年の精神疾患患者は392万人で、過去最高の数字を記録。前回調査時は320万人で、わずか3年間で70万人増えている。そのうち、愛里さんと同じ「統合失調症」と診断された患者は77万人。妄想、幻覚を筆頭に、自傷他害行動にまで発展するケースの多い同症は、いまだ発症のメカニズムや根本的な原因は解明されていない。

 長男が中2の時に統合失調症を発症した大畠氏もまた、われを忘れて激昂し、暴れ回るわが子を前にして、なす術がなかったと言う。

「殴られて目がパンダのように腫れたり、あばら骨が2本折れたこともある。教育方針が悪かったのか、遺伝なのか…と自分を責め続けながら、かといって周囲には相談もできない。他者に救いを求めるよりも“誰にも知られたくない”という思いが勝ってしまうんです。来客があるたびに2階に閉じ込めていた、という家族の悩みもよく聞きますが、この気持ちはとてもわかる」(大畠氏)

 医療機関に頼ろうにも精神疾患患者は自分が病だという自覚がなく、頑として通院しないケースが多いといい、大畠氏の長男も同様だった。

「私の場合、“眠れる薬をもらいに行こう”と言って、なんとか病院に連れ出しましたが、息子はもらってきた薬をその日のうちにすべて焼いてしまった。どうしようもなく、ただただ絶望するしかなかった。寝屋川の事件も同じ苦悩の延長にあったのではないでしょうか。誰にも相談できず、対応策もわからず、希望を見い出す術もなくなった結果、『閉じ込める』という行為以外残されていなかったのではないか。そんな気がしてなりません」(大畠氏)

※女性セブン2018年2月8日号

全文はこちらで↓
http://www.news-postseven.com/archives/20180125_646819.html

続きを読む 精神疾患患者の父「気持ちはよくわかる」「全国の精神疾患患者の家族は、誰もが一度は同じ思いに駆られているはず」。(AKB48・永島優美・東海道本線)

メガキュ#!、中日合格の松坂がイチローにラブコール「同じユニホームを着たい思いはある」

1 :あちゃこ ★:2018/01/23(火) 20:26:55.72 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/vV71hSE.png  23日に中日の入団テストを受けて合格した松坂大輔投手(37)が、マーリンズからFAとなり、
日本球界復帰の可能性が出てきているイチロー外野手(44)にラブコールを送った。

 中日も獲得に前向きとあって「同じユニホームを着たい思いはもちろんあります」と即答。続けて
「両方ですね。やっぱりいまだに対戦したいって気持ちと、同じチームでプレーしたいって気持ちの両方がある」
と話した。

 いずれにせよイチローの日本球界復帰は大歓迎のようだ。

東スポWEB
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180123-00000039-tospoweb-base

続きを読む メガキュ#!、中日合格の松坂がイチローにラブコール「同じユニホームを着たい思いはある」